Tag Archives: docファイル

UiPathで複数のWordファイルをPDFファイルに変換しよう

UiPathで複数のWordファイルをPDFファイルに変換しよう ※この記事で説明するアクティビティを利用する前にWord用のパッケージをインストールしておく必要があります。 また、当然ながらMicrosoft Wordがインストールされていないと利用できません。 UiPathではWord専用アクティビティを使うことで、簡単にWordファイルをPDFへ変換することができました。 実際にこの作業を行いたい場合を想定すると、おそらく大量のファイルを一括で処理したい、 といったことが多いと思います。では、どうすれば複数ファイルに対して変換処理を行うことができるのでしょうか。 こちらで紹介している複数ファイルへの操作と組み合わせた方法を紹介していきたいと思います。 1.複数のWordファイルを準備しているフォルダからファイルを読み込む 今回は複数のWordファイルが1つのフォルダ内に入っているという想定で進めます。 まず、そのフォルダの中にあるファイルの場所をUiPathに読み込ませます。 フォルダの場所(パス)を格納する変数(string型、もしくはGenelicValue型)を作り、Assignで設定しましょう。 もし今後このフォルダの場所が変わっても基本的にこの変数だけ変更すれば、 後の処理はメンテナンスしなくてよい、という作り方をしていきます。 2.For Eachアクティビティを使って複数ファイルに対する処理を設定する For Eachの中でDirectory.GetFilesを使い、Wordファイルの場所を指定します。 ※Directory.GetFilesの詳しい説明はこちらの通りです。 3.ファイルをPDFに変換する 以前の方法と同様にWord Application scopeとExport to PDFアクティビティを設定していきます。 Word Application scopeで指定するファイルの場所をFor Eachのitem変数で設定します。 最後にDoの中でExport to PDFアクティビティを使い、出力PDFファイル名を指定します。 この時、Export to PDFのFilePathを上記のようにすることでWordと同名のPDFファイルを作ることができます。 なお、このやり方の場合はWordファイルのあるフォルダ(folderpath)と同じフォルダにPDFが出力されます。 ポイントはSystem.IO.Path.GetFileName(item.ToString)の部分です item.ToStringには文字列に変換されたファイルのパスが入っています。 System.IO.Path.GetFileNameは、.netのメソッドでファイルパスの中からファイル名のみを取りだすことができます。 System.IO.Path.GetFileName(ファイルパスの文字列) という使い方を覚えておきましょう。 上記で準備は完了です。 これを実行することでWordファイルの格納されているフォルダに同名のPDFファイルが作成されます。

UiPathでWordファイルをPDFファイルに変換しよう

UiPathでWordファイルをPDFファイルに変換しよう ※この記事で説明するアクティビティを利用する前にWord用のパッケージをインストールしておく必要があります。 また、当然ながらMicrosoft Wordがインストールされていないと利用できません。 UiPathではWord専用アクティビティを使うことで、簡単にWordファイルをPDFへ変換することができます。 以下でそのやり方を紹介します。 1.「Word Application Scope」アクティビティを追加する 「Word Application Scope」アクティビティを選択してワークフローの中にドラッグアンドドロップします。 Wordの処理を行う際はまずこれを追加します。   2.「Word Application Scope」のDoの中に「Export to PDF」アクティビティを追加する   Export to PDFの中にはPDFに変換した際のファイル名を付けます。以上で完了です。 ※複数ファイルへの応用編はこちら。    

UiPathでWord文書の文字列を置換しよう

UiPathでWord文書の文字列を置換しよう ※この記事で説明するアクティビティを利用する前にWord用のパッケージをインストールしておく必要があります。 また、当然ながらMicrosoft Wordがインストールされていないと利用できません。 UiPathではWordアクティビティを使うことで、Wordファイルから読み込んだデータの内容に検索をかけ、 ヒットした文字列を置換することができます。その簡単な使い方を覚えましょう。 1.Word アプリケーションスコープ(Word Application Scope)アクティビティを追加する。 まずWord系操作をする場合はこのアクティビティをセットし、対象となるWordファイルを決定します。 今回はなにか適当な文章が入っているファイルを選びましょう。 例としてtest.docxに以下のような文章が入っている前提で進めていきます。 これはテストです 2行目の文章 3行目の文章 2.Replace Textアクティビティを追加する。 次にWordアプリケーションスコープ(Word Application Scope)内のDoシーケンス内にテキストを置換(Replace Text)アクティビティを追加します。 左側に検索したい文字列、右側に検索した文字列を置換したい文字列にします。 例では「2行目の文章」を「4行目の文章」というように設定しています。 なお、出力(Output)プロパティの結果(Found)には検索した結果があったかどうか(Boolean型でTrue、False)が入りますが、 必須で指定する必要はありません。  

UiPathでWordのデータを読みこもう!

UiPathでWordのデータを読みこもう! ※この記事で説明するアクティビティを利用する前にWord用のパッケージをインストールしておく必要があります。 また、当然ながらMicrosoft Wordがインストールされていないと利用できません。 UiPathではWordアクティビティを使うことで、Wordファイルから直接データを読み込むことができます。 その簡単な使い方を覚えましょう。 1.Word Application Scopeアクティビティを追加する。 まずWord系操作をする場合はこのアクティビティをセットし、対象となるWordファイルを決定します。 今回はなにか適当な文章が入っているファイルを選びましょう。 例としてtest.docxに以下のような文章が入っている前提で進めていきます。 これはテストです 2行目の文章 3行目の文章 2.Read Textアクティビティを追加する。 次にWord Application Scope内のDoシーケンス内にRead Textアクティビティを追加します。 このアクティビティに難しい設定は必要なく、 単純にプロパティで読み込んだテキストデータを格納する変数を指定するだけです。