Tag Archives: 超初心者

かんたん Excel アクティビティパックv1.1.0で追加されるアクティビティ一覧

かんたん Excel アクティビティパックv1.1.0で追加されるアクティビティ一覧 とりあえず何が追加されたか知りたい方向けの一覧です。 かんたん Excel アクティビティパックv1.1.0の導入方法はこちら

UiPath Goの「かんたんExcelアクティビティパック」導入方法

Excelアクティビティでできなかったことも!UiPath Go!の「かんたん Excel アクティビティパック」導入方法 日本語版の登場、データテーブルアクティビティの大幅強化や、Excelアクティビティの日本語化以降、見た目が暗くなったりする程度であまり変化がなかったUiPathに遂に大きな動きがありました。先日UiPath Go!で「かんたん Excel アクティビティパック」というものが公開されましたが、このカスタムアクティビティを導入することで、今までできなかったアクティビティにより罫線を引いたり文字を太くしたりすることができるようになります。 それではかんたん Excel アクティビティパックの導入手順を紹介します。 ※とりあえず何が追加されたかすぐに見たい方はこちらをどうぞ かんたん Excel アクティビティパック導入手順1 ・UiPath Studioを立ち上げ、パッケージ管理を開く かんたん Excel アクティビティパック導入手順2 ・左のメニューからGo!を選ぶ かんたん Excel アクティビティパック導入手順3 ・検索ウィンドウで「m.excel.a」と入力する(ちょっと長いですがExcelだけだと似た名前のやつが出てきます) かんたん Excel アクティビティパック導入手順4 ・検索で表示された「UiPathTeam.Excel.Activities」を選択し、右のウィンドウでインストールを押し、保存を押す かんたん Excel アクティビティパック導入手順5 ・ライセンスの同意ウィンドウで同意する かんたん Excel アクティビティパック導入手順6 ・UiPath Studioに戻り、アクティビティウィンドウで「UiPathTeam」を選択 以上で完了です。こんな感じでアクティビティが増えています。   ここまでの手順でGo!がパッケージ管理に表示されない方は手動で導入する必要があります。 その場合はまずUiPath Go!への登録が必要になります。 ※UiPath Go!の登録方法はこちらで紹介しています。

かんたん Basic アクティビティパックv1.1.0で追加されるアクティビティ一覧

かんたん Basic アクティビティパックv1.1.0で追加されるアクティビティ一覧 とりあえず何が追加されたか知りたい方向けの一覧です。 かんたん Basic アクティビティパックv1.1.0の導入方法はこちら

超便利なアクティビティがセットになったUiPath Go!の「かんたん Basic アクティビティパック」導入方法

超便利なアクティビティがセットになったUiPath Go!の「かんたん Basic アクティビティパック」導入方法 日本語版の登場、データテーブルアクティビティの大幅強化や、EXCELアクティビティの日本語以降、見た目が暗くなったりする程度であまり変化がなかったUiPathに遂に大きな動きがありました。先日UiPath Go!で「かんたん Basic アクティビティパック」というものが公開されましたが、このカスタムアクティビティを導入することで、なんと約100ものアクティビティを追加することができます。 具体的にどんなものが追加されるかというと、日時の計算、文字列の操作、ファイル操作、OS操作(ログオフ、シャットダウンなど)メールの添付複数保存、フォルダの移動やコピー、ZIPファイルの解凍・作成、文字列のチェックなどなど、本当に盛りだくさんな内容です。それではかんたん Basic アクティビティパックの導入手順を紹介します。 ※とりあえず何が追加されたかすぐに見たい方はこちらをどうぞ かんたん Basic アクティビティパック導入手順1 ・UiPath Studioを立ち上げ、パッケージ管理を開く かんたん Basic アクティビティパック導入手順2 ・左のメニューからGo!を選ぶ かんたん Basic アクティビティパック導入手順3 ・検索ウィンドウで「basic」と入力する かんたん Basic アクティビティパック導入手順4 ・検索で表示された「UiPathTeam.Basic.Activities」を選択し、右のウィンドウでインストールを押し、保存を押す かんたん Basic アクティビティパック導入手順5 ・ライセンスの同意ウィンドウで同意する かんたん Basic アクティビティパック導入手順6 ・UiPath Studioに戻り、アクティビティウィンドウで「UiPathTeam」を選択 以上で完了です。こんな感じでアクティビティが増えています。   ここまでの手順でGo!がパッケージ管理に表示されない方は手動で導入する必要があります。 その場合はまずUiPath Go!への登録が必要になります。 ※UiPath Go!の登録方法はこちらで紹介しています。   かんたん Basic アクティビティパック手動導入手順1  ・UiPath Go!サイトにログイン かんたん Basic アクティビティパック手動導入手順2  ・探すメニューからコンポーネントを選択… Read More »

UiPath Go!を活用して更なる効率化を目指そう

UiPath Go!を活用して更なる効率化を目指そう UiPathをさらに便利に活用するためUiPath Go!に登録してみましょう。 以前はいつも通りの英語サイトで非常にとっつきづらかったのですが、 先日ついに日本語化され、とても使いやすくなりましたので早速登録方法をご紹介します。 UiPath Go!の登録手順1 サイト右上のログイン/登録ボタンを押す するとログイン画面が表示されます おい!日本語なのは最初だけかよ と思われるかもしれませんが、ご安心ください。ただのログインサイトです。 GoogleもしくはLinkedinのアカウントをお持ちの方は新たに作らなくてもOKです。 そちらをつかう場合はそれぞれのアイコンをクリックしましょう。 ・GoogleもしくはLinkedinのアカウントをお持ちの場合 この後、それぞれのサイトのログイン画面へ遷移し、アカウントの紐づけ確認となります。 ・新しく作る場合 新しく作る場合はSign up nowをクリックしてください。 (新規登録の場合メールアドレスはここで入れても意味ないです) UiPath Go!の登録手順2 ログイン情報を入力 はいまた英語 気にせず各項目を入力していきます。すべて入力したらSIGN UPを押しましょう。 注意点としてパスワードは下記の要件を満たす必要があります。 Password should be minimum 8 character long and must contain lowercase characters, uppercase characters, digits (0-9), and symbols. パスワードは8文字以上で、小文字、大文字、数字(0~9)、および記号を含む必要があります。 UiPath Go!の登録手順3 メールアドレス認証 ここでついに日本語が表示されます。このボタンを押すと先ほど入力したメールアドレスに認証用メールが飛びます。 もしこの時点で届いていなかったらメールアドレスを打ち間違えたか、迷惑メールにフィルタされているかもしれません。 迷惑メールブロック機能等がある場合は再送しましょう。 UiPath Go!の登録手順4 メール中にあるボタンを押す 無事英語のメールが届いていればメールの中にある「Activate Your Account」ボタンを押してください。… Read More »

UiPathで文字数をカウントする方法

UiPathで文字数をカウントする方法 UiPathを使って文字数をカウントする方法を紹介します。 下の方法でももちろんできますが、関数を覚えなくても使える「かんたんBasicアクティビティパック」がリリースされましたので、 その中にある「文字列の字数を取得」アクティビティもおすすめです。 1.まず変数などに、カウントした文字列が入っている状態にします。もちろん、EXCELから読み込んだdatatbleを繰り返し(各行)アクティビティ(For Each Row)で処理中でも大丈夫です。例えば代入アクティビティで右の文字列(text1)をカウントした結果を左の変数(count)に入れたい場合は以下のようになります。 文字をカウントするときはLen(カウントしたい文字型の変数)というように指定します。すると、countの中に文字数が入ります。 この時の注意点としては、text1はstring型の変数、もしくはrow(“列名”).ToStringのように、string型に変換済みであること。また、左の変数はInt32などの数値が入れられる型であることです。よくわからん、という方は左側がGenericValue型でもOKです。ただし、右はString型でないとエラーになります。 ※GenericValue型は何も決めずにとりあえず下の変数タブや右クリックメニューやCtrl+Kのショートカットで変数を作れば自動で指定されます。  

UiPathで吹き出しを使ってユーザーにお知らせをする方法

UiPathで吹き出しを使ってユーザーにお知らせをする方法 ※2018.3よりUiPathがデフォルト日本語のアクティビティ名となりましたので、この記事では各アクティビティや機能名を日本語名(英語名)というように記載しています。 UiPathを使ってユーザーにメッセージボックスを出すアクティビティは昔からありますが、いつの間にやら吹き出しを表示させる機能が追加されました。今回はこのアクティビティを紹介していきます。 ・メッセージボックスと何が違うの?「吹き出し」(Callout)アクティビティ 吹き出しアクティビティとメッセージボックスの大きな違いの一つとして、「吹き出しを出す場所が指定できる」ということが挙げられます。これによってユーザーに注目させたい場所を指定することが可能です。指定方法はセレクターを使う方法になります。(もちろん普通のセレクターと同じように座標指定なんかも可能です) まずは「画面上で指定」を使ってターゲットを指定します。今回は電卓アプリの「=」キーに表示させてみましょう。 ターゲットを指定したらプロパティで表示させたい文字を指定します。吹き出しの左上に表示させるのが「タイトル」で本文が「コンテンツ」となります。 とりあえずこんな感じで設定しました。 結果はこうなります。 若干ずれている気もしますが気にしないでください。OKを押すまではシナリオの動作が停止します。この辺はメッセージボックスと同じですが、もう一つの大きな違いとして、吹き出しは表示時間を設定することも可能です(デフォルトはOKを押すまで閉じません)。その設定はオプションの「タイマー」で設定します。例として4ミリ秒で設定しました。はい、一瞬で閉じました。4秒で閉じたい場合は4000と入れましょう。 だからそういとこだって!UiPath。ミリ秒なのかなんなのかいい加減わかるところに書こうよ。あとdelayだけ時分秒形式なのも何でなの?というかメッセージボックスも時間で閉じるオプションあってよくない?  

UiPathの文字を入力(TypeInto)で覚えておきたい設定

UiPathの文字を入力(TypeInto)で覚えておきたい設定 UiPathでは文字を入力(TypeInto)アクティビティを使うことで、キーボードの入力を自動化できます。非常に単純なアクティビティではありますが、うまく設定を使いこなせないと行き詰まる場面があります。今回はその回避策を紹介していきます。 1.キー入力の間隔を調整する キー入力を自動化するとはいっても、相手のアプリケーションの面倒まではなかなか見てくれません。キーの反応にすぐ対応してくれるものであればよいですが、早すぎるとメニューが開かないものなどもあります。そうしたときは下記の「キー入力間の待機時間(DelayBetweenKeys)」プロパティで、1つ1つのキー入力の間に待機(delay)を入れることができます。 何も設定しない場合は10ミリ秒、最大で1000ミリ秒が指定可能です。   2.キーを押しっぱなしにする クリック(Click)アクティビティにはドラッグアンドドロップで説明したようなマウスのボタンを押し込む、離すという設定がありました。文字を入力(TypeInto)にも全く同じ設定が可能です。これを覚えておかないと例えばCtrlキーを押しながらほかのキーをいろいろ押すという操作ができません。 ここではプロパティではなく、押したいキーの記法を覚えます。 ・k[押したいキー名] まず、横の+ボタンを押してキーを設定したときにデフォルトで設定されるものがこちらです。kは正直何の略かよくわかりません(クリックっぽいですがcではないので)これはキーを押して離すという、人間が普通にキーを押したときの処理になります。 ・d[押したいキー名] キーを押しっぱなしにする指定方法です。 ・u[押したいキー名] キーを離すときの指定方法です。 dの後には同じボタンのuが来るように記載します。※そうしないと動作終了後もずっと押したままになってしまいますので注意してください。もしそれで起動してしまっても、人間が同じキーを押せば挙動は戻ります。 3.特殊な文字で問題が出る場合 半角文字等の特殊な文字を入力させたい場合にうまく入力されない場合、下記のプロパティで入力をシミュレート(SimulateType)をオンにしてみてください。入力させる方法をUiPath上で変更することができます。 文字によっては標準の方法でうまく入力できない場合があります。これらオプションの詳しい違いについては、UiPath本家のチュートリアルムービーでも解説されていますので気になる方はそちらもご確認ください。   (おまけ)どうしても駄目なとき 入力させたい文字がどうしても入らない場合は、文字を入力(TypeInto)ではないもう一つの手段があります。それは人間のコピー&ペーストと同じ動作です。クリップボードに設定(Set To Clipboard)を使って、クリップボードにいったん入力させたい文字をセットします。次に、ホットキーを押下(Send Hotkey)アクティビティを使ってCtrl+Vを押させることで、目的の入力欄へペーストします。これにより一気に文字列が入力されるので、1文字ずつの入力間隔等で問題が発生している場合は解決が可能です。

UiPath超初心者向け記事まとめ

UiPath超初心者向け記事まとめ ※順次追加していきます 最初に何をしたらいいか1 最初に何をしたらいいか2 BasicRecordingを使ってみよう! キーボード入力を自動でさせよう! 画像認識でクリックしよう! UiPathで簡単に座標指定クリックさせるには? 条件で処理を分岐させる

(UiPath超初心者向け)UiPathで簡単に座標指定クリックさせるには?

(UiPath超初心者向け)UiPathで簡単に座標指定クリックさせるには? ※2018.3よりUiPathがデフォルト日本語のアクティビティ名となりましたので、この記事では各アクティビティや機能名を日本語名(英語名)というように記載しています。 UiPathにはセレクターという機能があり、セレクターを指定すれば、 特定のオブジェクトに対してだけクリックをさせることができます。 セレクターがうまく取得できない場合は以下のような方法をとる必要があります。 ・画像認識 ・OCR ・座標指定 このうち上2つはデスクトップの画像をもとに動作をしますが、 最後の座標指定はセレクタと組み合わせることも可能です。 部分的にしかセレクタが取れなかったとしても座標指定は画像認識と違って、 上にほかのオブジェクトが重さなったとしても動作ができますので、 使いこなせるようになると自動化の幅が広がります。 それでは使い方を覚えましょう。操作するアプリはWindows7標準の電卓にします。 1.クリック(Click)アクティビティをワークフローに追加します。 2.画面上で指定(Indicate on screen)を押して、電卓の8をクリックします この方法はセレクタで記録する方法です。まだ座標指定ではありません。 ここでまず、セレクタが取れる場合はどこに設定されているかを確認しましょう。 3.クリック(Click)アクティビティのプロパティでターゲット(Target)の横の+を押して、 その中からセレクター(Selector)横の…ボタンを押して内容を確認します うまくセレクタが取れるタイプのアプリケーション等はこのようにセレクタが設定されます。ここで右端の…ボタンを押すと別ウィンドウが開き詳細が確認できます。 画像の4番目のチェックボックスを見ると、電卓の8ボタンのctrlidという値が138という数値であることがわかります。 これが「セレクタを指定する」という方法です。 それでは次はいよいよ座標指定の方法です。 4.クリック(Click)アクティビティのプロパティからオプション(Options)の横の+を押して、 カーソル位置(CursorPosition)の値を確認します 画像のようにXのオフセット(OffsetX)とYのオフセット(OffsetY)、位置(Position)というボックスがあります。 位置(Position)で指定した場所(たとえばCenter=セレクタで指定したオブジェクトの中央)から、 オフセット(Offset)の分だけXが横、Yが縦にいくつずれるかを指定できます。 これで任意の場所にあるオブジェクト(ボタン等)の座標がわかれば指定して押させることができます。 ・・・いやいやそんなめんどくさいことやってられないですけど そう思った方、まったくその通りだと思います。 非人間的な繰り返し作業をしないために、面倒なXYの引き算なんてしたくありません。 というわけで、もう一つの設定方法をご紹介します。 1.クリック(Click)アクティビティで画面上のIndicate on screenを押します。 2.クリックしたいオブジェクトを選択するモードになったら、F3を押します。 3.クリックしたい場所をクリックします 以上、これだけで座標指定が可能です。一体、オフセットとはなんだったのでしょうか。 ※F3キーは本当は範囲指定機能ですが、クリックだけすると1点だけが指定され、結果的に座標指定となります。 実は画面の左上に出て来る拡大鏡にも使い方のヘルプは書かれています。 こちらで設定した場合はオフセット(Offeset)ではなく、 ターゲット(Target)のクリッピング領域(ClippingRegion)というプロパティに値が設定されます。 <おまけ>F3で電卓の8キーを指定したときのセレクター(Selector)はこんな感じになります。 さっきの8ボタンのセレクタ(183)が取得できていないことが確認できますね。 また、この状態で電卓を非表示状態にして実行しても、 正しくボタンを押してくれますので、試してみてください。 ここが画像認識と違う強みですね。 ただしアプリケーションの形そのものが変わって、8のボタンの場所がずれるとダメです。 一方でセレクターでctrlid183を指定する方法だと、 その183が変わらない限りどこにボタンが移動しても押してくれます。 つまり、レイアウト変更などのアプリ改修があってもそのまま動いてしまう可能性が高いというわけです。… Read More »