Tag Archives: 文字列

超便利なアクティビティがセットになったUiPath Go!の「かんたん Basic アクティビティパック」導入方法

超便利なアクティビティがセットになったUiPath Go!の「かんたん Basic アクティビティパック」導入方法 日本語版の登場、データテーブルアクティビティの大幅強化や、EXCELアクティビティの日本語以降、見た目が暗くなったりする程度であまり変化がなかったUiPathに遂に大きな動きがありました。先日UiPath Go!で「かんたん Basic アクティビティパック」というものが公開されましたが、このカスタムアクティビティを導入することで、なんと約100ものアクティビティを追加することができます。 具体的にどんなものが追加されるかというと、日時の計算、文字列の操作、ファイル操作、OS操作(ログオフ、シャットダウンなど)メールの添付複数保存、フォルダの移動やコピー、ZIPファイルの解凍・作成、文字列のチェックなどなど、本当に盛りだくさんな内容です。それではかんたん Basic アクティビティパックの導入手順を紹介します。 ※とりあえず何が追加されたかすぐに見たい方はこちらをどうぞ かんたん Basic アクティビティパック導入手順1 ・UiPath Studioを立ち上げ、パッケージ管理を開く かんたん Basic アクティビティパック導入手順2 ・左のメニューからGo!を選ぶ かんたん Basic アクティビティパック導入手順3 ・検索ウィンドウで「basic」と入力する かんたん Basic アクティビティパック導入手順4 ・検索で表示された「UiPathTeam.Basic.Activities」を選択し、右のウィンドウでインストールを押し、保存を押す かんたん Basic アクティビティパック導入手順5 ・ライセンスの同意ウィンドウで同意する かんたん Basic アクティビティパック導入手順6 ・UiPath Studioに戻り、アクティビティウィンドウで「UiPathTeam」を選択 以上で完了です。こんな感じでアクティビティが増えています。   ここまでの手順でGo!がパッケージ管理に表示されない方は手動で導入する必要があります。 その場合はまずUiPath Go!への登録が必要になります。 ※UiPath Go!の登録方法はこちらで紹介しています。   かんたん Basic アクティビティパック手動導入手順1  ・UiPath Go!サイトにログイン かんたん Basic アクティビティパック手動導入手順2  ・探すメニューからコンポーネントを選択… Read More »

UiPathで文字数をカウントする方法

UiPathで文字数をカウントする方法 UiPathを使って文字数をカウントする方法を紹介します。 下の方法でももちろんできますが、関数を覚えなくても使える「かんたんBasicアクティビティパック」がリリースされましたので、 その中にある「文字列の字数を取得」アクティビティもおすすめです。 1.まず変数などに、カウントした文字列が入っている状態にします。もちろん、EXCELから読み込んだdatatbleを繰り返し(各行)アクティビティ(For Each Row)で処理中でも大丈夫です。例えば代入アクティビティで右の文字列(text1)をカウントした結果を左の変数(count)に入れたい場合は以下のようになります。 文字をカウントするときはLen(カウントしたい文字型の変数)というように指定します。すると、countの中に文字数が入ります。 この時の注意点としては、text1はstring型の変数、もしくはrow(“列名”).ToStringのように、string型に変換済みであること。また、左の変数はInt32などの数値が入れられる型であることです。よくわからん、という方は左側がGenericValue型でもOKです。ただし、右はString型でないとエラーになります。 ※GenericValue型は何も決めずにとりあえず下の変数タブや右クリックメニューやCtrl+Kのショートカットで変数を作れば自動で指定されます。  

UiPathでWordファイルをPDFファイルに変換しよう

UiPathでWordファイルをPDFファイルに変換しよう ※この記事で説明するアクティビティを利用する前にWord用のパッケージをインストールしておく必要があります。 また、当然ながらMicrosoft Wordがインストールされていないと利用できません。 UiPathではWord専用アクティビティを使うことで、簡単にWordファイルをPDFへ変換することができます。 以下でそのやり方を紹介します。 1.「Word Application Scope」アクティビティを追加する 「Word Application Scope」アクティビティを選択してワークフローの中にドラッグアンドドロップします。 Wordの処理を行う際はまずこれを追加します。   2.「Word Application Scope」のDoの中に「Export to PDF」アクティビティを追加する   Export to PDFの中にはPDFに変換した際のファイル名を付けます。以上で完了です。 ※複数ファイルへの応用編はこちら。    

UiPathでWord文書の文字列を置換しよう

UiPathでWord文書の文字列を置換しよう ※この記事で説明するアクティビティを利用する前にWord用のパッケージをインストールしておく必要があります。 また、当然ながらMicrosoft Wordがインストールされていないと利用できません。 UiPathではWordアクティビティを使うことで、Wordファイルから読み込んだデータの内容に検索をかけ、 ヒットした文字列を置換することができます。その簡単な使い方を覚えましょう。 1.Word アプリケーションスコープ(Word Application Scope)アクティビティを追加する。 まずWord系操作をする場合はこのアクティビティをセットし、対象となるWordファイルを決定します。 今回はなにか適当な文章が入っているファイルを選びましょう。 例としてtest.docxに以下のような文章が入っている前提で進めていきます。 これはテストです 2行目の文章 3行目の文章 2.Replace Textアクティビティを追加する。 次にWordアプリケーションスコープ(Word Application Scope)内のDoシーケンス内にテキストを置換(Replace Text)アクティビティを追加します。 左側に検索したい文字列、右側に検索した文字列を置換したい文字列にします。 例では「2行目の文章」を「4行目の文章」というように設定しています。 なお、出力(Output)プロパティの結果(Found)には検索した結果があったかどうか(Boolean型でTrue、False)が入りますが、 必須で指定する必要はありません。