Tag Archives: 変数

UiPathで文字数をカウントする方法

UiPathで文字数をカウントする方法 UiPathを使って文字数をカウントする方法を紹介します。 1.まず変数などに、カウントした文字列が入っている状態にします。もちろん、EXCELから読み込んだdatatbleを繰り返し(各行)アクティビティ(For Each Row)で処理中でも大丈夫です。例えば代入アクティビティで右の文字列(text1)をカウントした結果を左の変数(count)に入れたい場合は以下のようになります。 文字をカウントするときはLen(カウントしたい文字型の変数)というように指定します。すると、countの中に文字数が入ります。 この時の注意点としては、text1はstring型の変数、もしくはrow(“列名”).ToStringのように、string型に変換済みであること。また、左の変数はInt32などの数値が入れられる型であることです。よくわからん、という方は左側がGenericValue型でもOKです。ただし、右はString型でないとエラーになります。 ※GenericValue型は何も決めずにとりあえず下の変数タブや右クリックメニューやCtrl+Kのショートカットで変数を作れば自動で指定されます。  

実は使えるUiPathの変数作成機能

実は使えるUiPathの変数作成機能 ※この機能は2018.3で廃止されました UiPath上で変数を作る際はOutputの入力欄で右クリックもしくはCtrl+KによるCreateVariableがとても便利です。 なんといっても適切な変数の型を自動指定してくれるのでプログラミング経験のない方でも失敗がありません。 ただし、その時非常に邪魔なScopeが設定されてしまいます。 このScopeはUiPathにおいて役に立たないどころか数々の参照エラーの原因となる、 果ては同じ名前の2重宣言の原因になるなど、ロクなことがない(All Globalモードとか作ってくれませんかね)のですが、 最初から範囲を全体にし、かつ変数の型も自分で指定してあらかじめ作る(ついでにデフォルト値を設定する)、 ということが可能です。 その場合はリボンメニューの方にある「Create Variable」を利用します。 以下でその方法を紹介していきます。 1.Create Variableメニューを選択しましょう。 2.追加したい型(文字、数値等)を選択しましょう。 今回は例として文字型を選びます。 ※文字ならText、数値ならNumber、日付や時刻ならDate and Time、真偽判定はTrue or Falseを使います。 現在、なぜかDate and Timeを選ぶとGenelicValueが選択されてしまいます。こちらを選んでもadddayメソッドなどが使えなくなるので、 Datetime型が作りたいときはVariablesタブからCreateVariableで作りましょう。 3.変数の情報を設定しましょう。 Nameには変数名を入れます。 なお変数名の最後に全角数字を入力する(例えば変数名1など)とファイルが壊れることが、 公式フォーラムで情報として上がっていましたので、大変危険です。 変数名に全角数字を使わないように気を付けましょう。 Default Valueにはもし、最初から設定したい文字列などがあればそれを入力できます。 ※灰色なので一見入力できないように見えますが、ちゃんと押せます 最後のオプションはGlobal変数にするかどうかを設定します。要はあのめんどくさいScope設定をせず、 最初からどこからでも見えるようにしてくれます。 OKを押すと変数が作成されますので、Variablesタブから確認できます。 ※作成時にGlobal Variableのチェックが入っていない場合は作ったときに指定していたScopeでしか表示されませんので、 注意してください。

「Promote to Global Scope」で変数をスコープ全開状態に!

「Promote to Global Scope」で変数をスコープ全開状態に! ※この機能は2018.3で廃止されました UiPathを使っていると、変数のスコープはなんで 毎回狭い範囲になってるんだよ、面倒くさいだけじゃん、 って思うことがないですか? というかUiPathのスコープが役に立ったことってありますか? いえ、ありません 大丈夫です、転ばぬ先の杖できっと役に立っています。 それにしてもめんどくさいですよね。 どうしてもこのスコープの範囲の変数を、 一気にグローバル(全体)に変えたいんだけど、 ってことがしょっちゅう稀にあると思います。 そんなときに便利なのが「Promote to Global Scope」です。 最初からこれオンにしとけよ こちらも「Remove Unreferenced」と同じく、 「Manage Variables」から呼びだすことができます。 まずはDESIGNメニューのこちら。 次にこちら このボタンを押したときにスコープが狭い変数は、 こんな感じですべてグローバル(全体・一番上の階層)に変更されます。 なんて便利な機能なんでしょう! ぜひ最初からオンにしていただきたいですね

使ってない変数を「Remove Unreferenced」で一掃しよう

使ってない変数を「Remove Unreferenced」で一掃しよう 長くメンテナンスを続けていると、変数ウィンドウがいろんな変数だらけになっていて、どれをどこで使っているかわからない状態になってしまうことはありませんか? 命名規約をきっちり決めていればこんな問題は起こらないかもしれませんが、 一人で適当に作っていると割とぐちゃぐちゃになりがちです。 こんな時便利な機能が「Manage Variables」の「Remove Unreferenced」機能です。 「Manage Variables」はDESIGNメニューの中にあります。 たとえばこんな感じで4つの変数のうち、2つだけ変数を使っていたとします。 (1と3は未使用) ここで一気に1と3を消すことができるのが、「Remove Unreferenced」です。 「Manage Variables」を一度クリックすると、選択することができます。 こんな感じで1と3が一掃されました。 もし「Remove Unreferenced」が選択できない場合は、 すでに使われていない変数は存在しないということになります。 なお、この掃除機能は超強力で、スコープなんてお構いなしに全変数から使われていないものを一掃します。 使う前には気をつけてくださいね。