Tag Archives: パッケージ

UiPathでEXCELから読み込んだデータにフィルターをかけよう!

UiPathでEXCELから読み込んだデータにフィルターをかけよう! ※2018.3よりUiPathがデフォルト日本語のアクティビティ名となりましたので、この記事では各アクティビティや機能名を日本語名(英語名)というように記載しています。 また、「データテーブルをフィルタリング」アクティビティはUiPathのバージョンが2018.2以降でないと使用できませんのでご注意ください。 UiPathではEXCELアクティビティを使うことで、EXCELファイルから直接データを読み込むことができました。 今回は、応用として読み込んだデータ(datatable変数)をさらに加工してみましょう。 1.Excelファイルを読み込む。 前回の記事を参照して、test.xlsのファイルを読みこんでみましょう。 ※中のデータは下記のようになっています。 TEST1 TEST2 TEST3 1 あああ 1000 2 いいい 2000 4 ええええ 4000 3 うううう 3000 2.「データテーブルをフィルタリング(Filter data table)」アクティビティを追加する。 Excel アプリケーションスコープ(Excel Application Scope)の次に、「データテーブルをフィルタリング(Filter data table)」アクティビティを追加しましょう。 なお、入力(Input)と出力(Output)に同じ変数を指定した場合は、入力(Input)で指定した変数に対してフィルターがかかりますので、 今回はその方法で設定します。 3.「フィルターウィザード(Filter Wizard)」でフィルタを設定する。 「データテーブルをフィルタリング(Filter data table)」アクティビティの中にあるフィルターウィザード(Filter Wizard)ボタンを押すと、 フィルターウィザード(Filter Wizard)が開きます。タブが2つあり、それぞれ違うフィルタを掛けることができます フィルター行(Filter Rows)※データの行に対するフィルタ 設定する項目は上記を参照してください。 参考としてTEST2の列に「あああ」という文字が入っている場合の設定は下記のようになります。 +ボタンを押すとさらに条件を追加できます。 (複数条件の場合、すべて満たす場合はAND、どれか一つの場合はOrを選びます) 出力列(Output Columns) ※出力データ列に対するフィルタ フィルタをかけたデータが出力される列を指定できます。 列名もしくは、番号で指定します。番号の場合はダブルクォーテーションはいりません。 なお、今回こちらは使用しません。 4.「範囲に書き込む(Write Range)」アクティビティ等で出力して確かめる… Read More »

UiPathでPDFを操作させよう!

UiPathでPDFを操作させよう! UiPathでPDFファイルを読み込ませたい場合、PDF専用のアクティビティを使うのが便利です。 今回はその導入方法を解説します。 1.ワークフローの開発画面を開き、アクティビティパネルにあるパッケージウィンドウのボタンを押します。 2.下記のようなManage Packagesウィンドウが表示されます。 なにも導入していないと、下のようにCoreのみが表示されます。 3.Availableメニューを選択します 4.大量のインストール可能なパッケージが表示されます。 5.検索ウィンドウで「pdf」と入力します 6.結果の中から「UiPath.PDF.Activities」のInstallボタンを押します 7.ウィンドウを閉じ、アクティビティを確認するとPDFのアクティビティが追加されています。 以上でPDFのアクティビティ追加が完了しました。    

UiPathでWordを操作させよう!

UiPathでWordを操作させよう! UiPathでWordファイルを読み込ませたい場合、Word専用のアクティビティを使うのが便利です。 今回はその導入方法を解説します。 1.ワークフローの開発画面を開き、アクティビティパネルにあるパッケージウィンドウのボタンを押します。 2.下記のようなManage Packagesウィンドウが表示されます。 なにも導入していないと、下のようにCoreのみが表示されます。 3.Availableメニューを選択します 4.大量のインストール可能なパッケージが表示されます。 5.検索ウィンドウで「word」と入力します 6.結果の中から「UiPath.Word.Activities」のInstallボタンを押します 7.ウィンドウを閉じ、アクティビティを確認するとWordのアクティビティが追加されています。 以上でWordのアクティビティ追加が完了しました。    

UiPathでEXCELを操作させよう!

本記事はUiPathのバージョン2018.2以前の方向けの記事となります。 2018.3(=日本語版)以降ではデフォルトでインストールされていますので、このインストール作業は必要ありません。 UiPathでEXCELファイルを読み込ませたい場合、EXCEL専用のアクティビティを使うのが便利です。 今回はその導入方法を解説します。 1.ワークフローの開発画面を開き、アクティビティパネルにあるパッケージウィンドウのボタンを押します。 2.下記のようなManage Packagesウィンドウが表示されます。 なにも導入していないと、下のようにCoreのみが表示されます。 3.Availableメニューを選択します 4.大量のインストール可能なパッケージが表示されます。 5.検索ウィンドウで「excel」と入力します 6.結果の中から「UiPath.Excel.Activities」のInstallボタンを押します 7.ウィンドウを閉じ、アクティビティを確認するとexcel関連のアクティビティが追加されています。 以上でexcelのアクティビティ追加が完了しました。