Tag Archives: パッケージインストール

かんたん Excel アクティビティパックv1.1.0で追加されるアクティビティ一覧

かんたん Excel アクティビティパックv1.1.0で追加されるアクティビティ一覧 とりあえず何が追加されたか知りたい方向けの一覧です。 かんたん Excel アクティビティパックv1.1.0の導入方法はこちら

UiPath Goの「かんたんExcelアクティビティパック」導入方法

Excelアクティビティでできなかったことも!UiPath Go!の「かんたん Excel アクティビティパック」導入方法 日本語版の登場、データテーブルアクティビティの大幅強化や、Excelアクティビティの日本語化以降、見た目が暗くなったりする程度であまり変化がなかったUiPathに遂に大きな動きがありました。先日UiPath Go!で「かんたん Excel アクティビティパック」というものが公開されましたが、このカスタムアクティビティを導入することで、今までできなかったアクティビティにより罫線を引いたり文字を太くしたりすることができるようになります。 それではかんたん Excel アクティビティパックの導入手順を紹介します。 ※とりあえず何が追加されたかすぐに見たい方はこちらをどうぞ かんたん Excel アクティビティパック導入手順1 ・UiPath Studioを立ち上げ、パッケージ管理を開く かんたん Excel アクティビティパック導入手順2 ・左のメニューからGo!を選ぶ かんたん Excel アクティビティパック導入手順3 ・検索ウィンドウで「m.excel.a」と入力する(ちょっと長いですがExcelだけだと似た名前のやつが出てきます) かんたん Excel アクティビティパック導入手順4 ・検索で表示された「UiPathTeam.Excel.Activities」を選択し、右のウィンドウでインストールを押し、保存を押す かんたん Excel アクティビティパック導入手順5 ・ライセンスの同意ウィンドウで同意する かんたん Excel アクティビティパック導入手順6 ・UiPath Studioに戻り、アクティビティウィンドウで「UiPathTeam」を選択 以上で完了です。こんな感じでアクティビティが増えています。   ここまでの手順でGo!がパッケージ管理に表示されない方は手動で導入する必要があります。 その場合はまずUiPath Go!への登録が必要になります。 ※UiPath Go!の登録方法はこちらで紹介しています。

UiPathでPDFを操作させよう!

UiPathでPDFを操作させよう! UiPathでPDFファイルを読み込ませたい場合、PDF専用のアクティビティを使うのが便利です。 今回はその導入方法を解説します。 1.ワークフローの開発画面を開き、アクティビティパネルにあるパッケージウィンドウのボタンを押します。 2.下記のようなManage Packagesウィンドウが表示されます。 なにも導入していないと、下のようにCoreのみが表示されます。 3.Availableメニューを選択します 4.大量のインストール可能なパッケージが表示されます。 5.検索ウィンドウで「pdf」と入力します 6.結果の中から「UiPath.PDF.Activities」のInstallボタンを押します 7.ウィンドウを閉じ、アクティビティを確認するとPDFのアクティビティが追加されています。 以上でPDFのアクティビティ追加が完了しました。    

UiPathでWordを操作させよう!

UiPathでWordを操作させよう! UiPathでWordファイルを読み込ませたい場合、Word専用のアクティビティを使うのが便利です。 今回はその導入方法を解説します。 1.ワークフローの開発画面を開き、アクティビティパネルにあるパッケージウィンドウのボタンを押します。 2.下記のようなManage Packagesウィンドウが表示されます。 なにも導入していないと、下のようにCoreのみが表示されます。 3.Availableメニューを選択します 4.大量のインストール可能なパッケージが表示されます。 5.検索ウィンドウで「word」と入力します 6.結果の中から「UiPath.Word.Activities」のInstallボタンを押します 7.ウィンドウを閉じ、アクティビティを確認するとWordのアクティビティが追加されています。 以上でWordのアクティビティ追加が完了しました。    

UiPathでEXCELを操作させよう!

本記事はUiPathのバージョン2018.2以前の方向けの記事となります。 2018.3(=日本語版)以降ではデフォルトでインストールされていますので、このインストール作業は必要ありません。 UiPathでEXCELファイルを読み込ませたい場合、EXCEL専用のアクティビティを使うのが便利です。 今回はその導入方法を解説します。 1.ワークフローの開発画面を開き、アクティビティパネルにあるパッケージウィンドウのボタンを押します。 2.下記のようなManage Packagesウィンドウが表示されます。 なにも導入していないと、下のようにCoreのみが表示されます。 3.Availableメニューを選択します 4.大量のインストール可能なパッケージが表示されます。 5.検索ウィンドウで「excel」と入力します 6.結果の中から「UiPath.Excel.Activities」のInstallボタンを押します 7.ウィンドウを閉じ、アクティビティを確認するとexcel関連のアクティビティが追加されています。 以上でexcelのアクティビティ追加が完了しました。