Tag Archives: ドラッグ&ドロップ

UiPathで複数ファイルをドラッグ&ドロップする方法

UiPathで複数ファイルをドラッグ&ドロップする方法 UiPathのドラッグ&ドロップについてはこちらの記事でやり方を紹介しています。 このやり方、実は妙なクセがあり、複数ファイルを選択した際はうまく動作しません。 例えばRecordingで複数ファイル選択操作を記録しようとした場合、 おそらくマウスの範囲選択で複数ファイルを指定します。 その後、どれか1つのファイルをドラッグ&ドロップで目的の場所へ移動させます。 UiPathではドラッグ&ドロップをHoverアクティビティを組み合わせることで実現していますが、 このやり方では1ファイルの時しか動作できません。 ということで、今回は複数ファイルのドラッグ&ドロップのやり方を紹介します。 1.まずキーボードでCtrlキーを押し続ける 「Type Into」アクティビティを選択してワークフローの中にドラッグアンドドロップします。 Ctrlキーなので「Send Hotkey」アクティビティと考えるかもしれませんが、 こちらは押した後に離してしまいますので、ファイルの複数選択ができません。 キーの押しっぱなしをするにはType Intoアクティビティで押しっぱなしの指定をする必要があります。 ※Type Intoの上記のような設定はこちらでも紹介しています。 まずType Intoで「”[d(ctrl)]”」と入力します。 「Indicate On Screen」を選択し、どれでもよいので選択したいファイルの1つを指定してください。   2.1ファイル目のドラッグ開始する場所(始点)で左クリックを押し続ける設定をする 「Click」アクティビティを選択してワークフローの中にドラッグアンドドロップします。 ここは1ファイルの時と変わりません。 Clickアクティビティの「Indicate On Screen」を選択し、左クリックを押し続ける対象を指定し、 Clickアクティビティのプロパティウィンドウから「Input」>「ClickType」の中にあるプルダウンメニューを開き、 メニューから「CLICK_DOWN」を選択します。ここも1ファイルの時と一緒です。 3.残りの選択したいファイルすべてに対してClickを1つずつ設定していく 先ほど行った1の手順の設定を選択したいすべてのファイル(フォルダ)ごとにそれぞれ設定していってください。 要は「CLICK_DOWN」をドラッグアンドドロップしたい全ファイルに設定してあげればOKです。 4.ドロップする場所(終点)を指定する 「Hover」アクティビティを選択してワークフローの中にドラッグアンドドロップします。 ここも1ファイルの時と変わりはありません。1回のみ設定すればよいです。 「Indicate On Screen」を選択し、「マウスをドラッグして移動させたい先」を指定します。   5.ドロップする(マウスから指を離す) 1と同じように「Click」アクティビティを選択してワークフローの中にドラッグアンドドロップします。 Clickアクティビティの「Indicate On Screen」を選択し、2で選択したものと同じ対象(終点)を指定し、 Clickアクティビティのプロパティウィンドウから「Input」>「ClickType」の中にあるプルダウンメニューを開き、 メニューから「CLICK_UP」を選択します。 なお、この時はどれか1つの設定のみで大丈夫です。 6.キーボードのCtrlキーを離す 最後にもう一つType Intoアクティビティを追加します。 「Indicate… Read More »

UiPathでマウスのドラッグアンドドロップ操作を行う方法

UiPathでマウスのドラッグアンドドロップ操作を行う方法 UiPathではマウス操作のアクティビティを使ってマウスを操作させることができます。 クリックや、ダブルクリックなどはアクティビティを指定するだけで実行できますが、 ドラッグアンドドロップなどというアクティビティはありません。 それではどのように設定すれば操作できるかを解説していきます。 1.ドラッグ開始する場所(始点)で左クリックを押し続ける設定をする 「Click」アクティビティを選択してワークフローの中にドラッグアンドドロップします。 Clickアクティビティの「Indicate On Screen」を選択し、左クリックを押し続ける対象を指定します。 Clickアクティビティのプロパティウィンドウから「Input」>「ClickType」の中にあるプルダウンメニューを開き、 メニューから「CLICK_DOWN」を選択します。これが「クリックし続ける」動作をするための設定です。 ※ちなみにその下のプロパティ「MouseButton」が押す対象のボタンです。  もし右クリックでドラッグしたい場合は「BTN_RIGHT」にすればいいということです。 2.ドロップする場所(終点)を指定する 「Hover」アクティビティを選択してワークフローの中にドラッグアンドドロップします。 「Indicate On Screen」を選択し、「マウスをドラッグして移動させたい先」を指定します。   3.ドロップする(マウスから指を離す) 1と同じように「Click」アクティビティを選択してワークフローの中にドラッグアンドドロップします。 Clickアクティビティの「Indicate On Screen」を選択し、2で選択したものと同じ対象(終点)を指定します Clickアクティビティのプロパティウィンドウから「Input」>「ClickType」の中にあるプルダウンメニューを開き、 メニューから「CLICK_UP」を選択します。これが「クリックしているボタンを離す」動作をするための設定です。 (補足)上記は1ファイルの時の方法です。複数ファイル選択の方法はこちらで紹介しています。