Category Archives: datatable

UiPathでdatatableのデータをソートしよう!

UiPathでdatatableのデータをソートしよう! この記事で紹介しているアクティビティはUiPathのバージョンが2018.2以降でないと使用できませんのでご注意ください。 UiPathのdatatableを作るのは非常に簡単ですが、その中の値を加工するのはかなり大変です。 UiPathのバージョン2018.2からはdatatableの操作ができるアクティビティがいくつか追加されました。 その中の一つが「Sort data table」です。名前の通りデータの並び順をソートすることができます。 このアクティビティはプロパティにのみ設定項目があります。 設定も簡単で、Inputに対象となるdatatableを設定し、Outputに出力先を設定(Inputと同じでもいいです) どれを基準に並び替えるかが以下項目です。 Sorting Column ・Column:datacolumn変数(DataColumn型) ・Index:列の番号(Int型) 番号は0(一番左)や1(2番目の列)などです ・Name:列の名前(String型) 普通に使うならIndexかNameが使いやすいと思います。 最後に降順・昇順で並べ替えるかを下記で指定します。 ・Order:Ascending=昇順・Decending=降順

UiPathでdatatableの重複行を削除しよう!

UiPathでdatatableの重複行を削除しよう! この記事で紹介しているアクティビティはUiPathのバージョンが2018.2以降でないと使用できませんのでご注意ください。 EXCELなどから読み込んだデータ(datatable変数)の中に重複するデータが存在する場合、 そのデータを特定し、削除するという作業をUiPathでするのは中々大変です。 しかし、UiPathのバージョン2018.2より、「Remove Duplicate Rows」アクティビティが使えるようになり、一瞬で重複削除が可能となりました。 使い方を説明します、が、このアクティビティはInputのdatatableとOutputのdatatableを指定するだけですので、特に説明する内容がありません。あえてするなら、InとOutで同じdatatableを指定することができる、というところぐらいでしょうか。 一応例としては下記のような重複データがある場合にこのアクティビティを使用すると、 地域 順位 点数 赤 6 1000 白 2 5000 黄 1 7000 黄 1 7000 下記のような結果となります。 地域 順位 点数 赤 6 1000 白 2 5000 黄 1 7000

UiPathでLookupを使ってdatatableを検索しよう!

UiPathでLookupを使ってdatatableを検索しよう! この記事で紹介しているアクティビティはUiPathのバージョンが2018.2以降でないと使用できませんのでご注意ください。 EXCELなどから読み込んだデータの中から、特定の条件のみに該当するデータを抽出したい場合、 Lookup data tableアクティビティを使うことができます。 ※必要なdatatableの作成までは省略します。 1.「Lookup data table」アクティビティを追加する。 まず「Lookup data table」アクティビティを追加しましょう。 アクティビティ自体に設定項目は一つもないのですが、プロパティの中に大量に設定項目があります。 ・Input(入力に関する設定) –Datatable:対象となるdatatable変数 –LookupValue:条件となる値を指定します ・Lookup Column(検索列に関する設定) -Column:対象となるdatacolumn型の変数を指定します -ColumnIndex:対象となる列番号を指定します -ColumnName:対象となる列の名前を指定します ・Output(出力に関する設定)  -CellValue:対象に入っている値を格納する変数を指定します。  -RowIndex:対象が入っている行の番号を格納します ・Target Column(出力対象に関する設定) -Column:Outputの対象となるdatacolumn型の変数を指定します -ColumnIndex:Outputの対象となる列番号を指定します -ColumnName:Outputの対象となる列の名前を指定します (おまけ) 設定項目多すぎて覚えるのが面倒な方向けにEXCELのVlookupに合わせてやってみましょう。 例は下記テーブルです。 地域 順位 点数 赤 6 1000 白 2 5000 黄 1 7000 緑 3 3000 例えば、順位が3の人の点数(3000)を取りたい場合、 EXCELの数式ではどうするでしょうか? =VLOOKUP(“3”,B1:C5,2) というようになりますね。 これをUiPathのLookup data tableで設定すると、下記の画像のようになります。… Read More »

UiPathでdatatable変数のレイアウトを作成後に変えよう

UiPathでdatatable変数のレイアウトを作成後に変えよう この記事で紹介しているアクティビティはUiPathのバージョンが2018.2以降でないと使用できませんのでご注意ください。 datatable変数はEXCELからRead Rangeで読み込んだデータやWeb Scraping Wizardで作成したWeb上のテーブルデータなど、 いろいろなデータが格納されます。この変数を作ることは簡単ですが、 列の順序を入れ替えるのはテーブルを2つ作って入れ替えるなどの作業が必要でした。 しかし、2018.2でリリースされた「Filter data table」を使うことにより、 簡単に入れ替えができるようになりました。今回はその方法を紹介します。 ※必要なdatatableの作成までは省略します。 1.「Filter data table」アクティビティを追加する。 まず「Filter data table」アクティビティを追加しましょう。 なお、InputとOutputに同じ変数を指定した場合は、Inputで指定した変数に対してフィルターがかかりますので、 今回はその方法で設定します。 2.「Filter Wizard」で「Output Columns」フィルタを使用する。 「Filter data table」アクティビティの中にあるFilter Wizardボタンを押すと、 Filter Wizardが開きます。タブが2つあり、それぞれ違うフィルタを掛けることができますが、 今回はフィルタとしてではなく列の並び替えや削除として「Output Columns」を使用します。 上のように、上から順に並び変えたいとおりに列番号、もしくは列の名前を書いていきます。 列番号は元のデータの一番左を0番目として数えていきます。数値なのでダブルクォーテーションは必要ありません。 逆に列名を指定する場合はダブルクォーテーションで囲う必要があります。 上の例では「0」「1」「2」という順番で並んでいた列を「2」「0」「1」の順に並び変えました。 また、ここで「2」「1」とだけ指定すれば、「0」を削除することもできます。 for each rowを使って移す方法もありますが、このやり方ならアクティビティひとつだけで一瞬で終わります。