Category Archives: メール操作

かんたん Basic アクティビティパックv1.1.0で追加されるアクティビティ一覧

かんたん Basic アクティビティパックv1.1.0で追加されるアクティビティ一覧 とりあえず何が追加されたか知りたい方向けの一覧です。 かんたん Basic アクティビティパックv1.1.0の導入方法はこちら

UiPath初心者にお勧めの書籍紹介

UiPath初心者にお勧めの書籍を紹介 その名もズバリ「できるUiPath」です。「RPAとはなにか」系の雑誌はわりと巷に溢れてきましたが、ついにUiPath専門の書籍が発売されるようです。 もちろん当サイトを使えば無料でもいろいろと情報を集めることはできますが、初心者というのは「何がわからないのかわからない」わけなので、こういった体系的にまとめられた書籍は非常に役に立つのではないかと思います。 ちなみに「できる」系の書籍については、昔は凄まじくでかい文字に当たり前のことしか書いてないというイメージしかなかったので、UiPathなんて特定の製品で大丈夫か?と心配しましたが、例えばEXCELとの連携やメール連携、年月日系の入力方法といった、初心者が気になる部分についてもかなりページを割いていますので実用的な内容であると思います。 また、2019/2月現在、UiPathに特化した書籍はこれしか存在しませんので、とにかく情報がほしい、という方にはうってつけかなと思います。2/7発売ですので、気になる方はぜひチェックしてみてください!

UiPathとOutlookでメールの自動送信を実現する方法

UiPathとOutlookでメールの自動送信を実現する方法 ※2018.3よりUiPathがデフォルト日本語のアクティビティ名となりましたので、この記事では各アクティビティや機能名を日本語名(英語名)というように記載しています。 また、Outlook関連アクティビティはUiPathのバージョンが2018.3以降ではない場合、別途パッケージのインストールが必要ですのでご注意ください。 1.準備 まず以下を準備する必要があります。 ・アカウント設定済みでメールが受信可能な状態のOutlookが起動している (Outlookアクティビティはシナリオを動作させるとき、仕様上、必ずOutlookを起動していないと正しく動作しません) Outlookは当然必要です。持っていない場合はPOP3などほかのアクティビティを使ってください。 次にOutlookのアカウント設定をしてメールが送信できる状態にしてください。 2.Outlookメールメッセージを送信(Send Outlook Mail Message)アクティビティを追加 準備ができましたので、さっそくUiPathで処理を作っていきます。 まず、「Outlookメールメッセージを取得(Send Outlook Mail Message)」アクティビティを追加します。 このアクティビティでは3つの項目が設定できます。まず宛先(To:)、件名(Subject)、本文(body)です。 次にプロパティを見ていきましょう。 ここではアカウント情報(Outlookに複数のアカウント設定がある場合は必須です)、送信者の名前、CC,BCCなどが設定できます。 また、添付ファイルなども設定することができます。このほか、HTML形式にするかどうかもチェック(HTML本文)で指定します。 3.宛先、件名、本文を指定して送信 もっとも単純なメール送信をする場合を解説します。 この場合はアクティビティのボックスに必要事項を文字列で入力するだけとなります。 たとえば [email protected]のような宛先に、「test」という件名で、「これはテストです」という内容の文章を送る場合、 以下のような形となります。基本的にこれだけでOKです。 おまけ1.CC、BCCを指定して送信 CCやBCCはプロパティで以下の様に設定します。 おまけ2.複数の宛先を指定して送信 TO、CC、BCCを複数にしたい場合は以下の様に記述します。 ※下記例は[email protected][email protected][email protected]をToに設定する場合です。 “[email protected];[email protected];[email protected]” 見ていただけると分かりますが、Outlookとまったく一緒です。CCやBCCでも同様の記載方法で複数設定が可能です。 おまけ3.添付ファイルを添付して送信 アクティビティの下部にある「ファイル添付」を押すと、 下記のように何をすればいいのかわからない非常に雑なウィンドウが開きます。 説明の手抜きっぷりが半端ないですが、ここではファイルの格納先を指定します。 例えばC:\test.jpgというファイルを送付したい場合は、以下のように指定します。 2つ目以降も「引数の作成」を押せば追加できます。 もちろんこの「C:\test.jpg」の部分をString型の変数にすれば可変にできます。 注意点として、この設定の仕方の場合は必ずファイルをつけないとエラーになってしまうので注意してください。 また、添付ファイルの数を可変にしたい場合はあらかじめコレクションを作成しておく必要があります。

UiPathでOutlookを使ってメール受信+作業自動化を実現する方法

UiPathでOutlookを使ってメール受信+作業自動化を実現する方法 ※2018.3よりUiPathがデフォルト日本語のアクティビティ名となりましたので、この記事では各アクティビティや機能名を日本語名(英語名)というように記載しています。 また、Outlook関連アクティビティはUiPathのバージョンが2018.3以降ではない場合、別途パッケージのインストールが必要ですのでご注意ください。 UiPathではOutlookによるメール受信・送信を自動化する機能があります。 今回はメール受信をトリガーとした次の作業への自動化手順を解説していきます。 1.準備 まず以下を準備する必要があります。 ・アカウント設定済みでメールが受信可能な状態のOutlookが起動している (Outlookアクティビティはシナリオを動作させるとき、仕様上、必ずOutlookを起動していないと正しく動作しません) Outlookは当然必要です。持っていない場合はPOP3などほかのアクティビティを使ってください。 次にOutlookのアカウント設定をしてメールが受信できる状態にしてください。 2.Outlookメールメッセージを取得(Get Outlook Mail Messages)アクティビティを追加 準備ができましたので、さっそくUiPathで処理を作っていきます。 まず、「Outlookメールメッセージを取得(Get Outlook Mail Messages)」アクティビティを追加します。 次に下記画像の通り、「メールフォルダー」でメールが入るフォルダの名前を文字列で指定します。 ※アカウントはオプション設定ですので、1つしか設定していない場合は空白でOKです。 メールフォルダーはデフォルトでは”Inbox”となっていますが、これは英語版の「受信トレイ」にあたるもので、 残念ながら日本語のOutlookでは動作しません。今回は「受信トレイ」で設定してみましょう。 ※もし、受信トレイの階層より下にあるフォルダにアクセスした場合は\(¥)でWindowsのフォルダを指定するように指定してください。 例えば受信トレイの下にある「情報」という名前のフォルダであれば、「受信トレイ\情報」となります。 ここで取得したメールの情報は出力プロパティのメッセージで指定した変数に入ります。 変数は入力欄でCtrl+Kもしくは右クリックメニューで作成して指定しましょう。 また、「最上部」というプロパティで上から何件目まで取得するかを指定する必要があります。 デフォルトだと30件で、何もいれないと動作しません。もし全部取りたいときは「Int32.Maxvalue」と入れましょう。 ※件数については最後のおまけも参照してください。 3.取得したメッセージを繰り返し(コレクションの各要素)アクティビティで処理する UiPathは簡単に情報を取る部品は揃っているのですが、それを次にどうすればいいかは全く教えてくれないので、 プログラムの知識がないとなかなか扱うのが大変です。 通常、データは取ってきただけではだめで、それを処理する必要があります。 先ほどのアクティビティは対象となるメッセージを一気に全部取ってくるものです。 そのため、「繰り返し(コレクションの各要素)」(For each)アクティビティを使ってそれを1つずつ処理していく必要があります。 先ほどのメッセージ取得アクティビティの後ろに「繰り返し(コレクションの各要素)」(For each)アクティビティを追加しましょう。 さらにその中のBodyにメッセージボックス(message box)アクティビティを入れておいてください。 次に「繰り返し(コレクションの各要素)」のプロパティに注目してください。 「繰り返し(コレクションの各要素)」(For each)アクティビティは繰り返す対象となる変数の型を指定してあげる必要があります。 Outlookで取ってきたものは「Mailmessage」型を指定してあげないといけません。 そうしないと下記のようなエラーが出ます。 (このアクティビティの時はこれ以外エラーになるので、正直人間がこれを選ぶ意味がまったくないと思います。 自動化と銘打つならMailmessage型が指定されたらそれぐらいUiPath側で判別してほしいのですが¨) 設定するにはまずプロパティのTypeArgumentを選び、右のプルダウン(Objectになっているところ)を押します。 次に検索ボックスで「mailmessage」と検索します。 同じ名前が複数出てきますが、一番目の「System.Net.Mail」の中にある方を選びます。 これで1件ずつ処理する準備が整いました。 4.取得したメッセージのほしい情報を選ぶ 最後にメールの中のどの情報を操作するか選ぶ方法を覚えましょう。… Read More »

UiPathでメールを使った動作を自動化しよう!

UiPathでメールを使った動作を自動化しよう! 本記事はUiPathのバージョン2018.2以前の方向けの記事となります。 2018.3(=日本語版)以降ではデフォルトでインストールされていますので、このインストール作業は必要ありません。 UiPathでメールを読み込ませた操作を自動化したい場合、メール専用のアクティビティを使うのが便利です。 今回はその導入方法を解説します。 1.ワークフローの開発画面を開き、アクティビティパネルにあるパッケージウィンドウのボタンを押します。 2.下記のようなManage Packagesウィンドウが表示されます。 なにも導入していないと、下のようにCoreのみが表示されます。 3.Availableメニューを選択します 4.大量のインストール可能なパッケージが表示されます。 5.検索ウィンドウで「mail」と入力します 6.結果の中から「UiPath.Mail.Activities」のInstallボタンを押します 7.ウィンドウを閉じ、アクティビティを確認するとメール関連のアクティビティが追加されています。 上はOutlook用アクティビティの例です。このほかExchange、SMTP、POP3などのアクティビティが追加されています。 以上でメールのアクティビティ追加が完了しました。 実際の処理解説はこちら。