Category Archives: セル操作

かんたん Excel アクティビティパックv1.1.0で追加されるアクティビティ一覧

かんたん Excel アクティビティパックv1.1.0で追加されるアクティビティ一覧 とりあえず何が追加されたか知りたい方向けの一覧です。 かんたん Excel アクティビティパックv1.1.0の導入方法はこちら

UiPath Goの「かんたんExcelアクティビティパック」導入方法

Excelアクティビティでできなかったことも!UiPath Go!の「かんたん Excel アクティビティパック」導入方法 日本語版の登場、データテーブルアクティビティの大幅強化や、Excelアクティビティの日本語化以降、見た目が暗くなったりする程度であまり変化がなかったUiPathに遂に大きな動きがありました。先日UiPath Go!で「かんたん Excel アクティビティパック」というものが公開されましたが、このカスタムアクティビティを導入することで、今までできなかったアクティビティにより罫線を引いたり文字を太くしたりすることができるようになります。 それではかんたん Excel アクティビティパックの導入手順を紹介します。 ※とりあえず何が追加されたかすぐに見たい方はこちらをどうぞ かんたん Excel アクティビティパック導入手順1 ・UiPath Studioを立ち上げ、パッケージ管理を開く かんたん Excel アクティビティパック導入手順2 ・左のメニューからGo!を選ぶ かんたん Excel アクティビティパック導入手順3 ・検索ウィンドウで「m.excel.a」と入力する(ちょっと長いですがExcelだけだと似た名前のやつが出てきます) かんたん Excel アクティビティパック導入手順4 ・検索で表示された「UiPathTeam.Excel.Activities」を選択し、右のウィンドウでインストールを押し、保存を押す かんたん Excel アクティビティパック導入手順5 ・ライセンスの同意ウィンドウで同意する かんたん Excel アクティビティパック導入手順6 ・UiPath Studioに戻り、アクティビティウィンドウで「UiPathTeam」を選択 以上で完了です。こんな感じでアクティビティが増えています。   ここまでの手順でGo!がパッケージ管理に表示されない方は手動で導入する必要があります。 その場合はまずUiPath Go!への登録が必要になります。 ※UiPath Go!の登録方法はこちらで紹介しています。

UiPathでEXCELの特定セルに自動で色を塗る

UiPathでEXCELの特定セルに自動で色を塗る ※2018.3よりUiPathがデフォルト日本語のアクティビティ名となりましたので、この記事では各アクティビティや機能名を日本語名(英語名)というように記載しています。 今回はEXCELの所定セルに自動で色を塗る作業を自動化していきましょう。 以前のバージョンではこういった作業に対応するアクティビティはなく、 一々EXCEL上で右クリック>セルの書式というように操作を記録させる必要がありました。 しかし、2018.3から追加された「範囲の色を設定(Set Range Color)」アクティビティを使うことで、 そう言った操作を行わずとも直接セルの色を変更することが可能になりました。 1.Excelアプリケーションスコープ(EXCEL Application Scope)アクティビティを追加する まずEXCEL系操作をする場合はこのアクティビティをセットし、対象となるEXCELファイルを決定します。 今回はSheet1に対して操作を行っていきます。 2.範囲の色を設定(Set Range Color)アクティビティを追加する 実行シーケンス内に範囲の色を設定(Set Range Color)アクティビティを追加します。 3.範囲の色を設定(Set Range Color)のプロパティでシート名とセル範囲を指定する 範囲の色を設定(Set Range Color)アクティビティを選択し、プロパティウィンドウでシート名(例だとSheet1)、セル範囲(A1:A2等)を指定します。 4.範囲の色を設定(Set Range Color)のプロパティで設定したい色を指定する 範囲の色を設定(Set Range Color)アクティビティを選択し、プロパティウィンドウで色を指定します。 ここで注意点として、設定はColor型のオブジェクトでしか行うことができません。 具体的には「color.」と入力欄に入力すると、下記のように候補が表示されます。 赤色なら「color.red」、緑色なら「color.green」、青色なら「color.blue」というような感じで指定すればOKです。 例としてcolor.greenを指定した実行結果が以下になります。 ※今あるセルの色を取りたい、という人はこちらを参考にしてください。      

UiPathでEXCELの特定セルの色を取得する

UiPathでEXCELの特定セルの色を取得する ※2018.3よりUiPathがデフォルト日本語のアクティビティ名となりましたので、この記事では各アクティビティや機能名を日本語名(英語名)というように記載しています。 今回はEXCELの所定セルの色を取得する方法を解説します。 これを使って取得した色は「範囲の色を設定(Set Range Color)」アクティビティ等で利用することができます。 1.Excelアプリケーションスコープ(EXCEL Application Scope)アクティビティを追加する まずEXCEL系操作をする場合はこのアクティビティをセットし、対象となるEXCELファイルを決定します。 今回はSheet1に対して操作を行っていきます。 2.セルの色を取得(Get Cell Color)アクティビティを追加する 実行シーケンス内にセルの色を取得(Get Cell Color)アクティビティを追加します。 3.セルの色を取得(Get Cell Color)プロパティで色を取得したいシート名とセルを指定する セルの色を取得(Get Cell Color)アクティビティを選択し、プロパティウィンドウでシート名(例だとSheet1)、セル範囲(A1:A2等)を指定します。 4.セルの色を取得(Get Cell Color)プロパティでColor型の変数を指定する 最後に取得した色の情報を格納するColor型の変数を指定します。Ctrl+Kもしくは右クリックメニューで変数を作成すると簡単です。