超便利なアクティビティがセットになったUiPath Go!の「かんたん Basic アクティビティパック」導入方法

By | 2019年8月28日

超便利なアクティビティがセットになったUiPath Go!の「かんたん Basic アクティビティパック」導入方法

日本語版の登場、データテーブルアクティビティの大幅強化や、EXCELアクティビティの日本語以降、見た目が暗くなったりする程度であまり変化がなかったUiPathに遂に大きな動きがありました。先日UiPath Go!で「かんたん Basic アクティビティパック」というものが公開されましたが、このカスタムアクティビティを導入することで、なんと約100ものアクティビティを追加することができます

具体的にどんなものが追加されるかというと、日時の計算、文字列の操作、ファイル操作、OS操作(ログオフ、シャットダウンなど)メールの添付複数保存、フォルダの移動やコピー、ZIPファイルの解凍・作成、文字列のチェックなどなど、本当に盛りだくさんな内容です。それではかんたん Basic アクティビティパックの導入手順を紹介します。
※とりあえず何が追加されたかすぐに見たい方はこちらをどうぞ

かんたん Basic アクティビティパック導入手順1

・UiPath Studioを立ち上げ、パッケージ管理を開く

かんたん Basic アクティビティパック導入手順2

・左のメニューからGo!を選ぶ

かんたん Basic アクティビティパック導入手順3

・検索ウィンドウで「basic」と入力する

かんたん Basic アクティビティパック導入手順4

・検索で表示された「UiPathTeam.Basic.Activities」を選択し、右のウィンドウでインストールを押し、保存を押す

かんたん Basic アクティビティパック導入手順5

・ライセンスの同意ウィンドウで同意する

かんたん Basic アクティビティパック導入手順6

・UiPath Studioに戻り、アクティビティウィンドウで「UiPathTeam」を選択

以上で完了です。こんな感じでアクティビティが増えています。

 

ここまでの手順でGo!がパッケージ管理に表示されない方は手動で導入する必要があります。
その場合はまずUiPath Go!への登録が必要
になります。
※UiPath Go!の登録方法はこちらで紹介しています。

 

かんたん Basic アクティビティパック手動導入手順1 

・UiPath Go!サイトにログイン

かんたん Basic アクティビティパック手動導入手順2 

・探すメニューからコンポーネントを選択

かんたん Basic アクティビティパック手動導入手順3 

・左上の検索ウィンドウで「かんたん Basic アクティビティパック」を検索するか、
中央の一覧から「かんたん Basic アクティビティパック」を選択

かんたん Basic アクティビティパック手動導入手順4

・画面右のダウンロードボタンをクリック

・ダイレクトダウンロードか、Studioフィードを作成のどちらかを選択

かんたん Basic アクティビティパック手動導入手順5

・ダイレクトダウンロードボタンを押す

・ブラウザで「UiPathTeam.Basic.Activities.*.*.*.nupkg」ファイルがダウンロードされる
*はそのときのバージョンで数字が変わります

かんたん Basic アクティビティパック導入手順6

・「UiPathTeam.Basic.Activities.*.*.*.nupkg」ファイルを任意のフォルダに配置し、
UiPath Studioを立ち上げ、パッケージマネージャを開き、
 任意の名前と先ほど配置したフォルダのパス(C:\testなど)を「ソース」に入力し、追加ボタンを押す

かんたん Basic アクティビティパック導入手順7

・先ほど名前に入力したものが左のメニューに追加されるので選択する。

かんたん Basic アクティビティパック導入手順8

・あとは上記のGo!と同じようにインストールを行えば完了。