UiPathでユーザーに任意のフォルダ・ファイルを選択させる方法

By | 2019年2月18日

UiPathでユーザーに任意のフォルダ・ファイルを選択させる方法

※2018.3よりUiPathがデフォルト日本語のアクティビティ名となりましたので、
この記事では各アクティビティや機能名を日本語名(英語名)というように記載しています。

UiPathを使ってユーザーに処理対象となるフォルダやファイルを選択させたい、
ということはよくあると思います。今回はそんなときに便利なアクティビティを紹介していきます。

・ユーザーにフォルダを選択させたい時に使うアクティビティ

そのまんまですが「フォルダーを選択」(Select Folder)アクティビティを使用します。

このアクティビティを使うと、ダイアログが表示され(Windows標準のエクスプローラのような形です)ユーザーにここでフォルダを任意に選択させることができます。

ユーザーが選んだフォルダのパスはプロパティの出力にある「選択されたフォルダー」で指定した変数に文字列として格納されます

・ユーザーにファイルを選択させたい時に使うアクティビティ

こちらもそのまんまですが「ファイルを選択」(Select File)アクティビティを使用します。

このアクティビティを使うと、ダイアログが表示され(こちらもWindows標準のエクスプローラのような形です)ユーザーにここでファイルを任意に選択させることができます。

ユーザーが選んだファイルのパスはプロパティの出力にある「選択されたファイル」で指定した変数に文字列として格納されます。なお、特定のファイルだけ(例えば.xlsxや.pdf)を表示させたい場合は入力プロパティの「フィルター」に書かれている、(*.*)|*.*を(*.xlsx)|*.xlsxというように書き換えることで、エクスプローラに表示されるファイルの種類を限定できます。

なお、複数フィルタを掛けたい場合はカンマで区切ってください。例えばExcel関連なら(*.xls,*.xlsx,*.xlsm)|*.xls,*.xlsx,*.xlsmとなります。ちなみにこの情報は上の設定をエラーにしたときに出るんですけど、エラーじゃなくてわかる場所に書いて欲しいんですよね。

そういうとこだよ、UiPath

(注意点)

フォルダ・ファイルに共通して注意点があります。ユーザーは必ずしも思ったとおりに操作してくれるとは限りませんので、例えば「ダイアログを閉じる」なんてことは当たり前のように起こります
選択せずにダイアログを閉じてしまうと「フォルダ・ファイルが選択されなかったエラー」が発生しますので、エラーハンドリングをしないとシナリオはそこで止まってしまいます

また、ファイルの場合は間違った種類が選択されないようフィルタをかけたり、後でシナリオ内でのチェックを行うなどしてください。